アドセンス5記事で1発合格!実際の記事を紹介しながら説明!合格ポイントとコツ!

その他
スポンサーリンク

Googleアドセンスを何度も申請しても、なかなか受からないと声をよく耳にします。

現在の審査基準は前よりも厳しくなっておりますが、少しのポイントを押さえれば攻略できます。

今回はGoogleアドセンスに合格するための14つのポイントと、実際に審査した5記事を紹介します。


スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人

転職を6回繰り返して年収150万円以上UP!
製造業歴15年の1児のパパです!
NC旋盤/マシニングセンタ/溶接/板金/ライン作業/制御盤や配電盤の機器組立/メンテナンス/夜勤などを経験。
今は本業をしながらライターとブログ運営をして、ストフリ(ストレスフリー)で働いています。

詳しいプロフィールはこちら

じじをフォローする

実際にアドセンス審査を受けた5記事を紹介

まずは始めに、実際のアドセンス審査に通った参考記事5つを載せておきます。

ご覧になるとわかると思いますが、誰でも書けるような簡単な記事になっています。

恥ずかしいところではありますが、どうか参考になってくれたら嬉しいです。


1.ランニングコース5選

2.自転車で下ったら気持ちいい坂道6選

3.生後4ヶ月おすすめお散歩スポット

4.【山形県新庄市】公園情報まとめ

5.赤ちゃんとの初旅行におすすめ「いさごや」


ジジ
ジジ

今回この5つの記事でアドセンス審査に挑みました!

見るとわかりますが、全然大したことのない記事です。笑


スポンサーリンク

アドセンス審査合格ポイント

それではここから、アドセンス審査に向けての合格ポイントを紹介していきます。

アドセンスについての説明は、他の記事でよく書かれているので今回は飛ばします。


※それぞれのページに飛べます


ジジ
ジジ

1つずつ、合格のコツを含めながら説明していきますね!


1.独自ドメインを使う

基本的に無料ブログでは、Googleアドセンス審査は通りません。

アカウントの申込みすら申請できなくなってます。

ですが、初回のサイトでアカウントが取得できれば2回目以降のサイト審査では無料ブログで申請できます。


ジジ
ジジ

最初「はてなブログ」を使用してた私ですが、これを知り独自ドメインをとってブログを作り直しました!(泣)


2.ユーザーの「悩み」や「疑問」を解決する

これは耳にタコができるほど聞いた方もいるのではないでしょうか。

Googleは価値のあるサイトを求めています。


だから価値あるサイトって具体的にどんなのー!


そんな心の声が聞こえてきそうですので、具体的にご説明します。

それは「日記形式の記事になっていないか」ということです。

わかりやすく、タイトル作りを具体例として紹介します。

私の記事を参考にしますと、


【体験談】赤ちゃんと初旅行におすすめ!山形県「いさごや」!必要な持ち物や山形県県民限定クーポンの詳細も!
今回生後8ヶ月になりました赤ちゃんと「いさごや」へ家族旅行へ行ってきました。子供連れの旅行情報は多いものの、赤ちゃんとの旅行情報は少ないです。今回はそんな赤ちゃんとの旅行で不安な事や心配な事、あらかじめ準備しておいたらよか...


この記事のタイトル

【体験談】赤ちゃんと初旅行におすすめ!山形県「いさごや」!必要な持ち物や山形県県民限定クーポンの詳細も!


これを日記形式のタイトルにすると

赤ちゃんと初めて旅行へ行ってきました!「山形県いさごや」実際に持っていった物やおすすめポイントも紹介!

こうなります。


このタイトルから始まる記事ですと、

「ここがよかった!」

「この設備がよかった!」

など感想を書いた日記形式の記事になりやすくなります


それにGoogleはこういった日記形式の記事を嫌う傾向にあります。

ですので

  • 赤ちゃんとの初旅行が心配
  • 赤ちゃんに優しい旅館はないのかな
  • ベビーグッズは何を持っていったらいいんだろ
  • クーポンの使い方がわからない


など、しっかりこの記事を求める「悩めるユーザー」を詳しく特定させる必要があります。

そのユーザーに向けてタイトルを作ると、ユーザーの悩みに沿った記事を作りやすくなると思います。


ジジ
ジジ

アドセンス審査ではターゲットを絞った問題解決形式、情報提供形式が受かりやすいようです。


3.ニッチなジャンルで攻める

独自性のある記事を作ることです。

ここも大事なポイントですので、詳しく説明します。

ここで言う「ニッチなジャンル」とは、

みんなが書いているようなネタではない、珍しいネタ』ということです。


具体例を出しますと


生後4ヶ月のおすすめお散歩スポット!「山形県新庄市新町周辺」
普段は家の中で遊んだり、ベビーカーや抱っこ紐などで家の周りをお散歩されてるパパママさん達も、たまには違う場所でお散歩してみたいなと考えてくる頃かもしれません。でも赤ちゃんのオムツや急なトラブルがあったらどうしょうかなと不安になる方...


この記事です。


この記事のどこがニッチなの?


一番の特徴は「めっちゃ地元ネタ」だということです。

地元のネタですと書いてある記事が少なく、ニッチなネタを見つけやすいです。

田舎関連の記事を探すとスカスカなのがわかります。


そして重要なのは、ただの「おすすめお散歩スポット」と紹介すると、ライバルが多くなります。

ですので『生後4ヶ月の』と、加える事によってさらに差別化ができます。

このようにライバルのいないネタで、存在しない『生後4ヶ月のお散歩スポット』の記事を自分で作り上げることで、合格する確率が高まります。


ジジ
ジジ

具体例として「地元ネタ」を出しているだけなので、必ずしも「地元ネタ」じゃないとダメだということではありませんので、ご了承ください。


4.前置きを長くしない

私もそうなんですけど、なにかを紹介するときって前置きが長くなりがちになるんですよね。

すると一気に読者はあなたのブログから離れていってしまいます。

これはアドセンス審査にもよくありません。


ジジ
ジジ

そうならないために、前置きは3行までと決めておきましょう!


5.操作性が簡単なサイト作り

Googleアドセンスはユーザーにとって使いやすいサイトなのかも見ています。

読者が迷子にならないように、わかりやすいサイトを作るのがポイントです。


具体的には、

  • サイトマップを設置
  • ナビゲーションバーを作成
  • サイドバーに「目次」を設置
  • モバイル表示時に「目次へ」ボタン

です。


ジジ
ジジ

では一つ一つ説明していきますね!


サイトマップを設置

サイトマップとは、サイト内のページリンクをまとめたページのことです。

サイトマップがあると、検索ユーザーと検索エンジン両方に、どのようなページがあるのか伝わりやすくなります。

アドセンス審査にも有利になりますので、是非設置しておきたいところです。


私の場合は、

  • PS Auto Sitemap
  • Google XML Sitemaps


この2つのプラグインを設置しました。


PS Auto Sitemapは「検索ユーザー用のサイトマップ」

Google XML Sitemapsは「検索エンジン用のサイトマップ」です。


ナビゲーションバーを作成

ナビゲーションバーとは「メニューバー」のようなものです。

このナビゲーションバーがあると、サイトを見たときにとても使いやすくなります。

アドセンスのヘルプページでも書かれているほど、審査通過では重大なポイントになります


ちなみに私のナビゲーションバーには

ナビゲーションバー
  • HOME
  • カテゴリー
  • サイトマップ
  • プロフィール
  • お問い合わせ


と、最低でも必要なものを並べました。


ジジ
ジジ

ユーザーにとって使いやすいような配列にすることがポイントです。


サイドバーに「目次」を設置

私の記事をご覧になった方はわかるかもしれませんが、ボリューミーな記事ばかりになってしまいました。


スクロールするの面倒くさそう


そうです。

実際に自分で記事を見ると、スクロールするのが非常にめんどくさかったです。(笑)

ですので、目的の内容まで素早くたどりつける「目次」が常にあると便利です


ジジ
ジジ

サイドバーに目次を設置するのは、実は設置しなくても受かるかもしれませんが、念の為に書かせていただきました!


モバイル表示時に「目次へ」ボタン

こちらも上記の理由で設置しました。

スマホで見ると常にサイドバーがあるわけではなので、モバイルではこの「目次へ」ボタンがあると便利です。


ジジ
ジジ

こちらもなくても受かるかもしれませんが、念の為に書かせていただきました!


6.スマホユーザーを第一に

近年、ブログ読者の8割がスマホから見ていると言われております。

そのためスマホで見たときに見やすくするのは、とても大事な作業の1つです。


私が意識ことは次の3つです

  • 1つの文章を長くしない
  • 見出しの下には画像を入れる
  • スマホで見た時に1画面が文字だけにならないようにする


おわかりなる方もいるかもしれませんが、とにかく文字だらけの記事を作らないことです

文字がダァーっと羅列された記事はそれだけで見る気が失せてしまいます。

ですので、スマホで見たときに画面いっぱいに文字が並ばないように、工夫しなければなりません。


具体的な方法としては、

  • 囲み枠を使う
  • 吹き出しを使う
  • 画像やイラストを入れる


以上のことを意識すると、スマホで見たときも見やすくなります。

画像や吹き出しなどは、積極的に使っていきましょう!


例えば、次の文章

スマホでの表示画面です。


画面いっぱいの文字だらけはシンドイ。。。


そうです。

シンドイんです。

ですが、ここに吹き出しを加えると、


吹き出し部分が強調されて、吹き出し部分の中だけでも読む気になります。


ジジ
ジジ

ただの文章でも吹き出しがあるだけで、いくらかマシになりますね(笑)


7.理想的な記事数と文字数

記事数は10記事くらいは必要だとよく言いますが、私自身5記事で受かりました

知り合いには4記事で受かった人もいます


ジジ
ジジ

でもさすがに1記事で受かった人は聞いたことがありません!(笑)


そして文字数は1,000以上が理想的と言われております。

私は少し心配になって、5,000文字を超えるほどの記事を作ってしまいました(笑)

文字数は多ければ「受かりづらい」ということはないようです。

ですが、詳しく説明しているとそれなりの文字数になりますので、あまり気にする必要はありません。


ジジ
ジジ

ユーザーにとってどれだけ見やすく、内容が濃いブログを作れるかが重要です!


8.運営者情報を載せる

私の場合ですと、固定ページに「プロフィール記事」を作りました。

紹介している記事が全て「地元ネタ」でしたので、「地元に関わることようなこと」を載せています。

記事に関連した内容であればアドセンス的には良いです。


ジジ
ジジ

アドセンスに受かることができれば、その後は好きなプロフィールに変更しても大丈夫です!


9.お問い合わせ・プライバシーポリシー

「お問い合わせフォーム」と「プライバシーポリシー」は必須です。


ジジ
ジジ

ここは基本のポイントになりますね!


10.ポリシー違反をしない

Googleアドセンス審査を通るには、守らなければいけないルールがあります。

AdSenseプログラムポリシー」ですね。

これも耳にタコができるほど聞きます。


ジジ
ジジ

気づかずにアドセンスポリシーに引っかかることのないように、一度目を通しておきましょう!


11.アフィリエイトリンクを貼らない

アフィリエイトリンクは、貼ってあっても審査に合格できると言われています。


しかし、条件があるようです。

  • 商品を売りたいだけの記事になっていないか
  • 他のサイト引用だらけになっていない
  • 実際に使用している写真を載せているか
  • 商品紹介記事ではなく、ユーザーの問題解決記事になっているか


アファリエイトリンクを貼っていても、このような条件をクリアしていないと、受からないようです。

クリアできれば良いのですが、初心者にはなかなか難しいと思います。

ですので、総合的に見て貼らない事をおすすめします。


12.PV数は関係ない

PV数はある程度あったほうがいいと聞きますが、実はPV数は全く関係ありません。


ジジ
ジジ

実際私の記事ではニッチな地元ネタを扱っており、地元ネタからさらに読者を絞った情報をまとめております。

そのためPV数はほぼ0に等しいです(笑)


PV数はゼロでもアドセンス審査通過することができますので、よりニッチな記事を書くことをおすすめします。


13.サーチコンソールで記事をインデックスする

書いた記事は、実際にインデックスされているか確認しましょう。

忘れがちですが、固定ページやサイトマップも要確認です。


ジジ
ジジ

と、さらっと言いましたが、アドセンス審査を受ける前の私には何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。笑


しかし、ここは絶対にやっておかなければいけないポイントですので、必ずやっておきましょう。

インデックスしておかないと、ネット検索しても自分のサイトが検索結果に出てきません。


14.インデックスされたページの見直し

「審査基準に満たしていない記事」や「404エラページ」の、インデックスが削除されているかを確認しましょう。

記事をただ非公開にしただけでは、記事そのものは消えておりません。

よく何度もアドセンス審査を受けて、落ちてしまう人にありがちなことです。


ジジ
ジジ

「審査基準に満たしていない記事」や「404エラページ」は、サーチコンソールからインデックスの削除申請をしておきましょう。


スポンサーリンク

まとめ

今回はアドセンス審査の合格のポイントについて説明しました。

最後に要点だけ軽くおさらいしていきます。


アドセンス審査合格ポイント
  1. 独自ドメインを使う
  2. ユーザーの「悩み」や「疑問」を解決する
    (日記形式にしない)
  3. ニッチなジャンルで攻める
  4. 前置きを長くしない
    (前置きは3行まで)
  5. 操作性が簡単なサイト作り
    ・サイトマップを設置
    ・ナビゲーションバーを作成
    ・サイドバーに目次を設置
    ・モバイル表示時に「目次へ」ボタン
  6. スマホユーザーを第一にサイトを作る
    ・1つの文章を長くしない
    ・見出しの下には画像を入れる
    ・スマホで見たときに1画面が文字だけにならないようにする
  7. 理想的な記事数(4記事〜)と文字数(1,000文字以上)
  8. 運営者情報を載せる
  9. お問い合わせ・プライバシーポリシーを載せる
  10. ポリシー違反をしない
  11. アフィリエイトリンクを貼ってもいいが、条件があるので貼らないほうが良い
  12. PV数は0でも受かる
  13. サーチコンソールで記事をインデックスする
  14. 審査基準を満たしていない記事や「404エラページ」のインデックスが削除されているか


Googleアドセンスの審査基準は年々厳しくなっております。

ですが、要点を抑えて記事を書けば誰でもチャンスはあります。

PV数も関係ありませんので、ライバルのいない記事を書いて一発合格を狙いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました