お家に赤ちゃんの安全な遊び場を!部屋が狭くても大丈夫!「ソフトベビーサークル」

その他
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク


赤ちゃんハイハイ覚えてすんごく可愛いんだけど、ほんと目が離せなくなってきたわ〜…

どうしよう~。

なんかいいベビー用具ないかなぁ。


今回はそんな時に便利な「ソフトベビーサークル」を紹介します。


ジジ
ジジ

購入してから5ヶ月がたったので、実際の写真を載せながら説明していきたいと思います!


スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人

転職を3回繰り返して年収150万円以上UP!
製造業歴15年の1児のパパです!
NC旋盤/マシニングセンタ/溶接/板金/ライン作業/制御盤やキュービクルの機器組立/夜勤などを経験。
今は本業をしながらライターとブログ運営をして、ストフリ(ストレスフリー)で働いています。

詳しいプロフィールはこちら

じじをフォローする

ソフトベビーサークルとは?

「ソフトベビーサークル」とは、いわゆる「赤ちゃんの専用の檻」です。

ハイハイを覚えて動きだすと、あらゆる場所を探索し始めます。

その姿はとても可愛いのですが、とても危険です。

そうならないための、柔らかい素材で作った赤ちゃん用の檻が、「ソフトベビーサークル」です。


ちなみにこれが我が家のソフトベビーサークルです。

生活感漂う部屋で申し訳わけありませんが、実際に使っている写真ですので、想像しやすいかと思います。



スポンサーリンク

ソフトベビーサークルが必要な3つの理由

ソフトベビーサークルが必要な理由が3つあります。

それは

  1. 危険な場所、物から赤ちゃんを守るため
  2. 家事や育児で疲れたパパ・ママに1人の時間を
  3. 子供の成長のため

です。

1つずつ説明していきますね。


1.危険な場所、物からの赤ちゃんを守るため

まず一番の理由は、赤ちゃんの事故防止のためです。

大人には当たり前にあるものでも、赤ちゃんにとっては凶器となります。

  • 転倒し、テーブルに頭をぶつけて入院することになった
  • 誤飲による死亡事故
  • ヤカンなどの熱湯で火傷

など、事故事例は様々あります。

そんな事故を未然に防ぐために、赤ちゃんにとって「ソフトベビーサークル」はとても必要な存在になります。


2.家事や育児で疲れたパパ・ママに1人の時間を

ずっとおんぶした状態で家事をするのは、とても体力的に大変ですよね。

ですがおんぶが大変だからといって、布団に寝かせておくのも危険です。

ソフトベビーサークルがあれば、一時的に1人の時間を作れます。

完全に目を離すのは危険ですが、育児で疲れた体を休めることも必要です。


3.子供の成長のため

長時間のおんぶやベビーチェアに座らせたままでは、赤ちゃんの成長が見られないと思います。

ソフトベビーサークルの中では子供の成長のため、思う存分に赤ちゃんを解き放ちましょう。

ハイハイしかできなかった子が、いつの間にか立っているかもしれません(笑)


スポンサーリンク

実際に使ってみて

ここからは、私が実際に使ってみての感想をお話します。

ソフトベビーサークルにもサイズがあり、我が家の部屋は狭く、サイズ選びに困りました。

まずは部屋の間取りと、ソフトベビーサークルのサイズを紹介します。


部屋の間取りとソフトベビーサークルのサイズ


部屋の間取り
  • 2DK
  • リビング6畳


ソフトベビーサークルのサイズと重さ

最外形:対角143cm×対辺125cm×高さ66cm

対角内寸:121cm

対辺内寸:110cm

重さ:約4.7kg


このように部屋が狭いため、小さいサイズを選びました。


実際の写真


我が家で実際に使用している写真がこちらです。

現在11ヶ月になった赤ちゃんですが、問題なく使用できています。


おもちゃ、ぬいぐるみを入れても、広々と遊んでおります。


ファスナーが一箇所、設置されております。

開けておくと、勝手に出てきますのでご注意を(笑)


6畳の部屋にはピッタリでした。

3分の1くらいは、赤ちゃんスペースになります。

※部屋が汚く、すみません!(2回目笑)


実際に使ってみた感想

サイズや置き場所に困り、部屋のレイアウトに悩みましたが、無事に設置することができました。

バンボやネムリラもあるのですが、子供の成長のために遊ばせたいと気持ちがあったので、今回のソフトベビーサークルはとても助かっています。


おすすめのネムリラの記事はこちらから⇩

メリット・デメリットなど詳しく紹介しています。



ジジ
ジジ

なにより「ポンッ!」と赤ちゃんを入れておくだけで済むので、疲れた育児にはもう必需品です(笑)


取扱説明書に作り方が載せてありますので、30分もあれば作ることができます。


2つの注意点

動き回る赤ちゃんにピッタリのソフトベビーサークル。

ですが、実際に使ってみて、注意点が2つありました。

  1. サークルの底の布が薄いので、フローリングに直置きできない
  2. サークル内で赤ちゃんが転倒する

この2点を詳しく説明していきます。


1.サークルの底の布が薄い


物にもよりますが、私が購入したサークルは底の布が薄く、硬いフローリングには直置きできませんでした。

ですので、サークルの下に「フロアマット」を敷いております。



敷くだけでクッションになり、簡単に設置することができるので、これは便利です。

我が家には20枚敷いております。



2.サークル内で赤ちゃんが転倒する


サークルを使い始めると目を離すことが多くなります。

しかし、赤ちゃんは壁をよじ登ろうとして、転倒する場合もあるんです。

そんな事故を未然に防いでくれるのが「ヘッドガードリュック」です。



このリュックを背負わせておけば、目を離したスキに転倒してしまっても、頭を守ってくれます。

しかもデザインは豊富に揃っており、ディズニーなどのキャラクターもあります。

ちなみに私が選んだのはドナルドです。

めっちゃ可愛い!



サークル以外にも様々な種類がある


ベビーサークルには大きいものはもちろん、様々な形に姿を変えられる物もあります。

例えば壁を利用して設置できるタイプもあったり、角度を変えてカスタマイズできるものまで様々です。

ご家庭によって色々な使い方は、できるのはありがたいですよね。


場所によって形を変えられるタイプ

出典:Amazon

値段は少し上がってしまうのですが、場所や使い方によって様々な形に変えられるタイプもあります。

カラフルなデザインでとても可愛いですね。



壁を利用して設置できるタイプ

出典:Amazon

形を変えられるのはもちろん、壁を利用して設置することもできます。

赤ちゃんには危険な場所も、このサークルがあれば立ち入られないようにすることも可能です。



大人遊べるほど大きなサークル

もう大人も子供と一緒に入れるんじゃないかと、思わせるほど大きなサークルもございます。

実際に大人も一緒に入るのもよし、バスケットリングも備え付けられていていますので、遊びのバリエーションが増えます。



あれば良いなと思った折り畳めるタイプ

サークルでの一番の悩みは、場所をとることです。

しかし、この折りたたみ機能があるサークルだったらその悩みが一発で解決できます。


ジジ
ジジ

私は購入してからこのサークルを知ったので、購入する前に気づけていたらなと、後悔しました。



まとめ

子供の成長を間近で見られるのは、とても嬉しいことですよね。

しかし、成長に伴い危険も多くなっていきます。

ちょっとしたことで、命に関わるようなこともあります。

しかし、育児で忙しい毎日で常に目を離すことは難しいですよね。

ソフトベビーサークルはそんな危険な事故からも、育児からの忙しさも軽減してくれるアイテムです。

今は様々なタイプのサークルがありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



他のベビー用具も見てみたいと思った方はこちらもどうぞ

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました