なぜ「やった後悔」より「やらなかった後悔」の方が大きいのか?

その他
スポンサーリンク

「やった後悔」と「やらなかった後悔」

皆さんはどちらの後悔が大きいですか?

心理学的には「やらなかった後悔」のほうが大きいとわかっています。


ジジ
ジジ

なぜ「やらなかった後悔」のほうが大きいのか、今回はこのテーマを解説していきたいと思います!


スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人

転職を6回繰り返して年収150万円以上UP!
製造業歴15年の1児のパパです!
NC旋盤/マシニングセンタ/溶接/板金/ライン作業/制御盤や配電盤の機器組立/メンテナンス/夜勤などを経験。
今は本業をしながらライターとブログ運営をして、ストフリ(ストレスフリー)で働いています。

詳しいプロフィールはこちら

じじをフォローする

結論

なぜやらなかった後悔のほうが大きくなるか、

それは、やらなかったことを後悔するとき、人間は、

あの時やっておけばもっと良くなっていたのかもなぁ

ああしとけばよかったなぁ

などという『ブレーキの効かない妄想が、いつまでも無限に広げられる』からです。


ジジ
ジジ

いつになってもその後悔は消えず、むしろ知識がつき、妄想することでそこまで大きくなかった後悔が、大きく膨れ上がっていくんですね!


その結果、「やらなかった後悔」は「やった後悔」より大きく感じるのです。

反対に、「やった後悔」は時間が立つにつれ、後悔の大きさは薄れていきます。


スポンサーリンク

「やった後悔」は一度完結する

「やった後悔」は、結果はどうあれ一旦はその問題に終止符を打つことができますね。

そして「やった後悔」は、「やらなかった後悔」と比較して

やってしまったことだし、この結果を受け止めるしかない

と、思うようになります。


ジジ
ジジ

結果を認めて自分を正当化しないと、「自分」を保てないんですね。


ですので「やらなかった後悔」と比べると、後悔が膨れ上がる大きさは少なくなります。



スポンサーリンク

ボストン大学の研究

ボストン大学のリサ・アベンドロスさんの心理学研究が大変興味深く、面白い結果になっております。


実験では、アフリカ旅行へ行ってきた旅行者達に対して、「後悔の大きさ」についての調査を行いました。


A:海外旅行で、お土産を買った時の後悔

B:海外旅行で、お土産を買わなかった後悔


この調査の結果、

Bの海外旅行でお土産を買わなかった後悔

のほうが大きいということがわかりました。


それぞれを点数化すると、


A:買った時の後悔は平均1.8点

B:買わなかった後悔は平均2.8点


という結果が出ました。

約1.5倍も大きいです。


ジジ
ジジ

この実験で、人は「行動して後悔した結果」よりも、なにも「行動しなかった後悔」のほうが大きいというのがわかりましたね!


コーネル大学の研究

コーネル大学の心理学者トーマス・ギロビッチさんが行った研究でも、同じような結果になっております。


トーマス・ギロビッチさんの研究の結果では、


後悔の75%は「やらなかったことに対する後悔」


だそうです。

思い返してみると、人生「やらなかったことによる後悔」のほうが多いですよね。


ジジ
ジジ

このように、「やらなかった後悔」というのは心理学的に証明がされているんですね!


まとめ|なぜ後悔するのか?選択をする場面では、一度冷静に考えてみよう

なぜ「やった後悔」より「やらなかった後悔」のほうが大きいのか、理由はわかりましたね。

今まで生きてきた人生、「やらなかった後悔」がいくつもあります。

しかしそれはなぜか?


それはその当時の自分の「知識不足」です。


マーク・トウェインさんという有名作家さんが残した名言には、こんな言葉があります。



やったことは、例え失敗しても、20年後には、笑い話にできる。しかし、やらなかったことは、20年後には、後悔するだけだ。


もし「知識不足」で、行動しなかったとしても、行動に移して笑い話にすることもできます。

例え失敗しても、知識が増えるというメリットもあります。

そんな「人生での色々な選択」のとき、一旦冷静に考えてみましょう。

いっときの感情に流されて、行動をしなかったら一生後悔することがあるかもしれません。

そのいっときの感情に流されず、先のことを考え、失敗しても笑い話になると思って、何事もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました